野菜と果物

■青果へのこだわり
 

 えばらやと言えば新鮮な野菜と果物と言われるほどのイチオシです。青果のプロが市場で直接仕入れるから実現できるその鮮度と価格。そのときどきの旬の味覚をお安く食卓へお届けします。

yasai2.jpg

季節の新鮮な野菜

kudamono4.jpg

季節の新鮮な果物
 

■売り場からのメッセージ
 

 えばらやをご利用いただきまして、ありがとうございます。
青果部では、常に新鮮な野菜や果物をお届けできるように心がけています。もし、そうでないものがありましたら、ご遠慮なく指摘していただければと思います。
今、一番力を入れているのが、長野県飯田市の生産者から届けられる産直野菜です。生産者がこだわって作った安心安全な農産物を、お客様に買いやすい値段で提供できるように頑張っています。まだまだ勉強中ですが、何かありましたら、気軽に声をおかけださい。フレンドリーな接客と有機野菜、産直野菜、美味しい果物を取り揃え、お客様に、えばらやに来てよかったと思っていただける店にするよう、これからもっと商品や売り場を感動できるものにしていきたいと思っています。
これからもえばらやの青果をよろしくお願いします。

 

sano_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

青果部 部長

佐野 正和

 

■生鮮市場での買い付け
 

 元住吉の住民の皆様に新鮮で安心・安全なお野菜をお手頃な価格でお届けするために、えばらやでは市場で買い付けをおこなっています。
野菜の価格は品質や大きさ、天候などによって、毎日変動します。その為、自分たちの目で確認し、お手頃で品質の高い野菜を買い付けています。ここでは、店頭では見られない裏のお仕事を紹介します。
野菜・果物の買い付けを行っているのは大田市場です。大田市場は大田区の臨海地域で約40万㎡(東京ドーム8.5個分)の広大な敷地で、青果・花きの取扱量は日本一を誇っています。

 

koudaina.JPG

広大な大田市場の内部の様子。中には自転車で移動する人もいます。
 

soutyou.JPG

 早朝6時過ぎに市場に到着。到着後は市場内を回り、競りに向け、買い付ける予定の商品を自らの目でチェックして回ります。この日、一番の狙いは「山梨産の桃」。

 

7jizenngo.JPG

7時前後から競りが順次開催されます。


konohiha.JPG

この日は小松菜などを競りで購入。
 

saxa.JPG

さあ、一番の狙いの『山梨の桃』の競りが始まりました。

 

konohihatakane.JPG

この日は高値が続き、思ったように買い付けられません。

 

soredemo.JPG

それでも、お客様のためにがんばります。『山梨の桃』ゲットしました!

 

itiban.JPG

daiji.JPG

一番大事なことは『人との関わり』。
仲買人の方から得た様々な情報を仕入に活かします。

 

 

siirega.JPG

仕入が終わるのが8時半。たくさんの荷物であふれています。
開店に間に合うように、元住吉のえばらやまで急いで帰ります。
 

 『自らの経験を活かした目利き』と『人との関わり』を大切にして仕入を行っています。市場の方に支えられ、元住吉のお客様に支えられて、毎日営業できています。